生姜は冷え性に効果がない!は本当なの?

生姜は冷え性に効果がない!っていう書き込みを時々見かけますが、本当に生姜に効果がないのでしょうか?その理由を調べてみました。

生姜は冷え性に効果があるということは一般的に言われていることで、テレビ番組でも生姜の冷え性の効果はよく紹介されています。実際に、冷え性の人におすすめのレシピとしても生姜を使ったものもたくさん紹介されています。

生姜は冷え性に効果がないっているコメントをよく読んでみると、全くないわけではなく、「あまりない、ずっと続かない」という感じでコメントされているようです。

生姜に含まれているショウガオール、ジンゲロンという成分が、血行促進や新陳代謝を促してくれる、それが冷え性に効果がある理由だといわれています。生の生姜にはこれらの成分が確かに含まれているのですが、これらの成分は生姜を乾燥させることでその効果が100倍以上に増すともいわれています。

ですから、確かに生の生姜を使ったレシピにも効果あるのですが、より生姜の効果を出すためには、生姜を乾燥したものを使うことが秘訣のようです。生姜をレンジで温めてそれを飲み物や料理に入れると、生姜の効果はかなり高まるそうです。

生の生姜にも効果はあるようですが、冷え性で生姜の効果を期待するなら乾燥生姜を使った方が、何倍も効果があるということのようです。普通の生姜を使っている人と、乾燥生姜を使っている人では、冷え性の効果も違うのは当然のことのようです。

また、冷え性は体質改善していかなくては、一時的なことではよくならないそうです。つまり寒い時だけ生姜をとるのと、毎日継続して生姜を摂るのでは、体質改善という点でも違いがあるようです。

生姜は冷え性に効果がないっていう理由は、「乾燥した生姜を使っていない」「毎日継続して摂って冷え性の体質改善をしていない」こんなことのようです。

乾燥生姜を作るのは手間だし面倒だ、毎日生姜を摂り続けるのはあきてしまう、という人には乾燥生姜を使ったサプリメントというのもあるようです。

乾燥生姜のサプリメントについては、こちらのサイトで紹介されていますよ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする